最近のコメント

2012年9月 3日 (月)

あのCyberAgentから スマホでサクっと、パシャっとオークション 「パシャオク」

Subscribe with livedoor Reader

さてさて、 などでお馴染みの さんが、オークション事業に参入だそうです。まあオークションは新規ということで、単なるオークションではなく今話題のスマートフォンに特化したオークションになっています。

さらにその場でソーシャル・ネットワークのTwitterやfacebook上に自分の、あるいは自分がいいと思う出品を拡散することで宣伝できるというソーシャルオークションサービスが売りになっています。



[登録]
ということで、実際に始めようと「パシャオク」アプリダウンロードはこちらからになりますが、自分のスマホにインストール。アプリを立ち上げると、アプリの案内に従い氏名、住所、クレジットカード番号等入力すれば数分で登録は完了という手軽さです。


さらにパシャオクを本格的に利用したい場合には「トラスト会員」として登録が必要なようですが、その場合も現住所等の記載がある免許証等の写真をアプリ上から送信し、数日内にその現住所に登録証?が到着すれば完了です。(私は都内のため2日で書類が送られてきて認証完了です。)


(パシャオクでは1品で1万円以上で売りたい場合や10品以上のアイテムを出品する場合はこの「トラスト会員」として登録が必要なようです。ちょうど某社オークションのプレミアム会員の「本人確認」の認証手続きと恐らく同じ感覚でしょう)。

[出品]
実際に出品となると、まず下の5つのメニューの「パシャ」を選ぶと、本出品の出品スタートから始めます。さらに出品カテゴリを選んで、写真を撮るとそのままパシャオク用の写真として一時保存できます、これDropBOX並みに便利です!

写真が済むと今度は、アイテム名、アイテムの状態、お値段等を選択・記入していきます。(後で追加で3枚まで写真追加できたり、説明文も追加できたりと他社のオークション出品と同じ感覚です。)

カテゴリとしては、下記の項目、画面が全てです。(2012/8/26現在)

  • 人気
  • カリオク

  • レディス人気ブランド
  • メンズ人気ブランド
  • レディスファッション
  • メンズファッション
  • 海外スーパーブランド
  • アクセサリー・時計
  • ベビー・キッズ
  • ゲーム、おもちゃ、スマホ
  • 引っ越し、家電
  • インテリア・雑貨
  • 書籍、漫画、DVDセット
  • コレクション、ホビー
  • オートパーツ
  • スポーツ・アウトドア


ここで注意は、兎に角右上にある「保存」を小まめにして折角記入が難しいスマートフォンで入力した内容があっという間に...最初から...ということがないように!! 私は実際にありました。

例えば、記入事項はevernoteに保存しておいて、パシャオクとevernoteを交互に画面切り替えして「コピ&ペ」すれば一番楽でした。


[落札]
落札は、次の理由で要注意。商品の配送も匿名でやり取り出来る発送方法「らく得便」のみ指定になっている場合には、パシャオクではかなりの高額な送料を支払うことになるシステムです。具体的には、どんなに小さなものでも、東京から東京の発送という同じ都道府県内の発送でも一律990円の支払うになります。

そういう私も試しに衣類関連で5点ほど同じ出品者から落札しました。ラッキーにもどれも超低額(最高21円)で申し訳ない金額でした。しかし、実際に支払った金額は1045円。何故か? 交渉し5点一緒に発送はOKということになりましたが、何と発送方法は「らく得便」のみ。


ので送料990円と落札代金55円という結果となり、ほぼ送料を払うだけの落札となりお得感はゼロというよりは落札しなければ良かったと後悔することに。ここら辺は今後パシャオクに改善を期待します♪

[落札代金の支払い]
送料含め落札代金の支払いは色々な支払い方法があり、今回はこれ以上は無駄な出費は避けたいので近くのローソンで支払う方法を選択。

しかも、バーコードでも、登録番号でもどちらの方法でもいいので自分でかんたんと思う方でいいんですね。

だから、これって支払う申請をする時間が数分ちょっとで振込み手数料も全く掛からないという優れもの。

後日分かったのですが、pay-easy という金融機関経由の支払いも、
  

私の場合は時間外手数料も含め無料でした! というように他のオークションにはない優れた支払い方法がいくつもあるオークションだと思いました。


[落札代金の受け取り]
まず、9/7にパシャオク運営からの通知「出金用銀行口座登録のお願い」があったように、下記のようにとなっています。自分の銀行口座を一度もパシャオクに登録しないんですから、そりゃぁ支払ったお金は自分の所に来るはずはなんですが。

しかーし、出品者はトラステット会員になった時点でそんなこと登録しているものと思ってすっかり忘れていますから、意外な盲点となります。ちなみに、どれ位パシャオクにプールされてるんだろ? 結構いい利息付くんじゃないでしょうかね?

「落札者からお支払いが完了すると落札代金は一旦パシャオクでお預かります。出金するには、銀行口座のご登録が必要となります。ご登録が済んでいない方は、以下のステップで銀行口座のご登録をお願いします。

「プロフィール」->「設定」->「登録情報の変更出金->「振込先銀行口座の登録・変更」

赤字の部分は分かりやすいように現在のメニュー画面(2012.9.15現在)で私が確認して修正したもの。出金の画面に進んでも結局は「振込先銀行口座の登録・変更」で処理をしろという指示があるだけです。orz...



問い合わせ先
ちなみに、各問い合わせ、各種情報の一覧です


最後に、現在Ripreキャンペーンに案件参加中で、今回も興味があったのでご報告させて頂きました。


2012年7月18日 (水)

話題の炭酸入りコーヒー!? コーヒー入り炭酸飲料!? 『エスプレッソーダ』を発売前体験♪

Subscribe with livedoor Reader

さてさて、サントリーさんから2012/7/31(火)の発売前に「エスプレッソーダ」を頂きましたのでご紹介です♪ まず、このネーミング分かりやすいですね、エスプレッソ + ソーダで「エスプレッソーダ」というシンプル・イズ・ベストの極みという感じです。



いやいや、エスプレッソにソーダはあり得える?あり得ない?ということで、発売前ということもあって「エスプレッソのようなコク・苦味と炭酸の刺激を両立した大人のための新炭酸飲料」ちょっと真剣にモニタしてみました。コーヒーはほぼ毎日挽きたての豆をフレンチプレスで作って飲んでいるものとして、この新味覚「あり?」、「なし?」両面から鋭くモニタしてみたいと思います。

» 続きを読む

2012年5月 4日 (金)

「テルマエ・ロマエ(Thermae Romae)」 期間限定無料ダウンロード♪

まずこの「テルマエ・ロマエ(Thermae Romae)」って何よ?ということが当初よりずっと気になっており、調べたところからがことの始りです。

まず、ギリシア語の形容詞 θερμός (thermós)(熱い)に由来するラテン語のようで「バルネア (balnea)またはテルマエ (thermae)とは、(古代ギリシャ・ローマの)公衆浴場」の意だそうです。

さらにご丁寧に「ローマの」という所有格に相当するラテン語 Romaeをフランス語よろしく最後に足していますので、訳してもはっきりと「ローマの公衆浴場」という意味がまず分かってすっきりです。

そうすると、このタイトル名やこれまで断片的に入ってきた情報からストーリーは何となく連想できて要約してしまうと(ネタバレなのでカーソルで反転させないと読めないようにしておきます)「ある切欠で、皇帝から命を受けて新しい公衆浴場/テルマエの建築を任されていたローマ人ルシウスは公衆浴場の壁の一角にある奇妙な排水口に吸い込まれてしまう。するとどういうことか古代ローマ帝国の時代から現代のそれもローマではなく日本の銭湯にタイムスリップしてしまう...というコテコテなスタート。ここからローマ人ルシウスが日本の銭湯文化に触れ異文化を理解していくことに....」という過程が描写されているようです、なるほど。

これかなりマイナーなコミック雑誌「コミックビーム」の連載にも拘らず、既に2012年1月12日からフジテレビ系列では深夜に「テルマエ・ロマエ(Thermae Romae)」の放送がスタートしています。その時の予約録画の番組名リストでとんどもない(ある意味隠れ最高視聴率?の)予約数の記録を打ち立てたという人気のうかがいようらしいです。


Google


ということで、Ripreさまから教えて頂いたスマホでもPCでも利用可能な「日本最大級(電子書籍保有数は5万7000点以上)の電子書籍サービスeBookJapan」さまの「テルマエ・ロマエ1冊無料で読めるキャンペーンはこちら」が4/19~5/9の期間限定無料でダウンロードできるよいうことで、早速登録して1話目をダウンロードして読んでみました。

フルーツ牛乳や浴場の富士山の絵のアイディが面白ろく、各話の間にある著者のイタリア旅行記など本当に作者がローマが好きな雰囲気が伝わってくる、大人が読んで確かに楽しいマンガだと思いました。




ちなみに、ローマ人という設定なので男性は皆濃い顔の俳優陣が揃ってるんだと思いつつ、初日舞台台挨拶にあわられた俳優人に対して、会場の拍手で見事「日本一顔の濃い俳優」として某番組でもイタリア語講座をやっているためか?北村一輝氏に決定されたそうです。その際の阿部氏のコメントは「いやー、悔しいですね! 20年間ソース顔と言われて苦しんできたのに」と言いつつも、晴れ晴れした表情を見せたそうです。

最後に、現在Ripreキャンペーンに案件参加中ですが、いつも自分の好きなときだけご紹介させて頂いちゃっています。Ripreさんにはいつも感謝です。

映画『テルマエ・ロマエ』 予告編


【公式】 映画『テルマエ・ロマエ』予告


【公式】 映画『テルマエ・ロマエ』特報

» 続きを読む

«歓送迎会・花見シーズンにはヘパリーゼW!! 次の日が違います!!

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

最近のトラックバック